シミ エステ

出てきてしまったシミに、あれこれ対策中という方も多い秋冬。その効果は現れてきていますか?シミを消すには、ビタミンCなどの美白成分配合の化粧品でのケア、紫外線予防が基本。ですが、美白成分は浸透しにくかったり、逆に乾燥を招くなど、お手入れに注意が必要なこともあります。

 

そこでおすすめしたいのが、プロによる美白フェイシャルです。効果の高い美白成分と専用機器を使い、自宅では難しいスペシャルケアを受けられます。美白効果を比較的早く実感できるのも嬉しいところ。ここでは、おすすめの美白フェイシャルエステをランキングにてご紹介します。

 

 

ソシエの特徴

長年愛されている美白コースがグレードUP!美白ケアとエイジングケアが同時にできる、透明感・ハリ・くすみが気になる方におすすめしたいコースです。最初のトリートメントで首・肩・背中までケアして、巡りUPでエステ効果を高めます。オキシセラピーで肌を活性化。ハンドテクニックで、成分を浸透させ、引き締め、老廃物を流します。色ムラが気になる方も、すっきりと透明感ある肌に。ソシエが始めての方なら体験価格6,000円(税込)

価格 6,000円
評価 評価5
備考 トリートメントケア・ハンドテク

 

 

ポーラの特徴

肌くすみやシミが気になる方へのフェイシャルエステです。コリをほぐすオリジナルマッサージ、濃密美容成分のマスク、デコルテまでの充実フェイシャルです。専任スタッフが最後まで担当してくれるのも安心です。肌くすみが気になる方へのコース、シミやそばかすが気になる方へのコースなどが用意されています。化粧品会社のサポートで、ツヤ・ハリ・透明感が長持ちする肌へ。シミそばかすへのベーシックケアコースは、初回限定3,780円(税込)。

価格 3,780円
評価 評価4
備考 オリジナルマッサージ・濃密美容成分マスク

 

 

エルセーヌの特徴

光フェイシャルでシミにサヨナラできるエステです。シミが気になる人におすすめの、光フェイシャル極みコースが用意されています。パックやマッサージで首や肩のこわばりを取り、血行をUPさせて肌を整える準備から。シートマスクで美容成分を浸透させ、光で気になる部分をケアしていきます。気になるシミを薄くしてサヨナラ。体験1回が1,000円(税込)。

価格 1,000円
評価 評価3
備考 イオンパック・マッサージ・光フェイシャル

 

 

フェイシャルラボの特徴

悩みに合わせて光を調節するフェイシャルエステです。美顔専用のライトを、独自のトレジャービーンズジェルの上から照射して、肌の悩みを解決へ。大豆イソフラボンが、カプセルから溶け出して浸透します。光がコラーゲンとエラスチンを生成して肌の新陳代謝がUP、メラニン色素がスムーズに排出される肌に。照射箇所は顔だけでなく首もOK。月額性おためしコース体験は、1ヶ月無料です。

価格 0円
評価 評価2
備考 美顔専用ライト

 

 

ヴィトゥレの特徴

光照射のフォトエステでシミなどのトラブルを改善してくれます。フォトエステは肌にIPLを照射、コラーゲン生成組織へ光がダイレクトに到達するので変化が期待できます。さらに、くすみ、シワ・たるみ、などに向けた5種のオーダーを用意。オプションで自由に組合せを選び、オーダーメイドできるエステです。フェイシャルエステ革命コース全13回、月々3,600円(税別)が初月0円に

価格 3,600円
評価 評価1
備考 光照射フォトエステ

 

顔のシミを消すなら美白エステに決まり!

 

美白になりたいと思っている女性は多く、さらに白いだけではなく透明感やツヤなどがある赤ちゃんのような肌が理想だと常々思っていると思います。アジア人は黄色人種ですが、紫外線にも抵抗力があり肌自体強いので世界の中でも美しい肌とされています。ですので、日本人がさらに美白でツヤや透明感のある肌を手に入れれば世界一の美しい肌であるといえます。

 

そこでエステに通っている方もいますが、興味のある方も含め、多くはシミやくすみなどを気にしていっているでしょう。美白エステはその目的に合わせたコースが用意されていますので、どういったコースがあるのか、その内容も含めて覚えておきましょう。今回はくすみに関して説明しますが、くすみも多くの原因があります。原因を知ることが出来れば、それに対して施術方法を定められますので把握しておきましょう。

 

一つ目がメラニン色素が原因によるくすみになります。これは紫外線によってメラニンが過剰分泌され、排出しきれないことによってくすんでしまいます。予防したいのでしたら日焼け止めや日傘などがオススメです。このメラニン色素が原因のくすみの場合、エステの施術でオススメなのはイオン導入、フォトフェイシャルとなります。

 

次に乾燥によるくすみですが、乾燥肌だけでも悩んでしまうので、乾燥はくすみも引き起こしてしまいます。そういう場合は各種パックによる内容になります。それ以外にも血行不良が原因でくすみを引き起こしている場合はリンパドレナージュ、糖化が原因のくすみであればレーザー治療など種類によって施術内容も異なってきます。

 

美容クリニックによるシミ治療の評価は?

 

正常に肌の奥から作られたメラニン色素を排出させることができないことで色素沈着になってしまったものがシミと言われるものです。このシミを解消させるための方法というのはいくつもあるのですが、その一つとして美容皮膚科でシミの治療をしてもらうという方法もあります。

 

美容皮膚科でのシミの治療法というのはいくつかあります。例えば光治療やレーザー治療、薬剤や内服薬を使った治療法などが挙げられます。初期段階の頃は、肌の表皮あたりにシミが出来やすいのですが、シミが悪化してしまうと肌の深部まで広がってしまい、基礎化粧品やシミ取りクリームなどでは対処をすることが難しくなってしまいます。このような場合は、レーザー治療をしていかなくては、シミを解消することはできないでしょう。

 

レーザー照射をすることによって、シミになってしまっている肌細胞を破壊して排出させ、シミを解消させます。しかし、レーザー治療は全てのシミの種類に対して効果が期待できるというわけではありません。例えば肝斑だと、レーザー照射をすることで自体は悪くなってしまうこともあります。

 

今回は、シミの種類に適した治療法についてご紹介をします。

 

・肝斑の場合
肝斑の場合は、美白成分であるレチノイン酸やハイドロキノンなどが配合されている外用薬を塗ったり、トラネキサム酸やビタミンCなどが配合されている内服薬を服用して治療をしていきます。

 

・老人性色素斑の場合
老人性色素斑の場合、肝斑と同じように、美白成分が配合されている外用薬を塗るという方法以外にも、レーザーフォトフェイシャルという治療法もあります。

 

・そばかすの場合
そばかすの治療法としては、レーザーフォトフェイシャルを使った方法が主流になっています。

 

・脂漏性角化症の場合
脂漏性角化症によって生じてしまっているシミの場合、CO2レーザーや液体窒素を使って治療を行う冷凍凝固法と言われる治療法があります。

 

・炎症後色素沈着の場合
美白成分であるレチノイン酸やハイドロキノンが配合されている外用薬を使います。

 

・遅発性両側性太田母斑用色素斑の場合
遅発性両側性太田母斑用色素斑では、Qスイッチ付きレーザーというレーザーを照射して治療が行われます。

 

シミ消すクリームの効果は?

 

シミが出来にくい肌にしたいと思っている方は多いと思いますが、そうしたいのであれば肌の保湿力を高めるということは効果的です。美肌用クリームは高い潤い効果がありますので保湿力を高めることが可能です。この美肌クリームですが、種類も多く、マッサージやパックなどが出来るものもあります。さらに最近ですがスキンケア成分も含まれているオールインワンタイプの美肌用ゲルもあります。多くの美肌クリームがあるので選ぶ際には自分の使用目的に合った商品を選ぶようにしましょう。

 

ちなみにどんなクリームでも基本的には水分と油分のバランスをよくして肌に潤いを与えるという点が非常に大事になります。美白成分をしっかりと肌に届けたとしても潤いが不足すると肌バリアが弱くなって紫外線の刺激によって肌に負担がかかってしまいます。さらに肌が乾燥してしまうと古い角質が固くなり定着してメラニンの排出機能が低くなり肌のくすみやシミが濃くなるということに発展してしまいます。このようなことでシミを改善するには肌への潤いが大事になるということがわかるでしょう。

 

最初に美白化粧品が流行した際には乾燥したり刺激が強かったりという話がありましたが、そういったことも改善されてきています。ただ、それでも肌の赤みなどのようなトラブルがおこることもあるので使う際には肌の状態を気にするということが大事になります。意識して美白化粧品を使用することによって肌をいい状態に導くようにしましょう。

 

美白化粧品のシミへの効果は?

 

美白化粧品という言葉を耳にしたことがあると思いますが、シミを消す商品は本当にあるのかと疑問を持っていると思います。
ではシミを消したい方は聞いていてもらいたいのですが、美白化粧品だからといって全てシミに効果があるかというとそれは違います。シミを消す成分が含まれているものを選ばないと意味がありませんので、覚えておきましょう。ではこの美白効果のある美白成分について紹介します。

 

まず、既に出来ているシミに効果のある成分というのがエナジーシグナルAMP、レチノールという成分であり、これらはターンオーバーを促して肌からメラニンを排出させてシミを薄くする効果が期待されています。また、ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなどの成分はメラニンを還元する効果がありますので、メラニンが原因で出来たシミを薄くすることが可能です。

 

次にシミは出来ていないけど発生を予防することが出来るという成分もあります。それがカモミラET、トラネキサム酸になりますが、これは紫外線や炎症などの刺激がメラノサイトまで届かずにメラニンの生成を抑えてシミを予防します。また、ビタミンC、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノールはチロシナーゼの働きを邪魔してメラニンの生成を抑えます。

 

このように美白成分といっても効果は成分によって異なってきます。ですのでシミを予防したいという方とシミを薄くしたい、消したいと思っている方は化粧品を選ぶにしてもしっかりと成分を見て選ぶようにしましょう。

 

ピーリングがシミに効く?

 

シミやそばかすの原因というのは角質に沈着したメラニンなので、消す際には角質ケアが非常に大事になります。この古い角質をケアするにはピーリングが非常に効果的になります。ピーリングというのは簡単に説明すると、賛成の薬剤を肌にぬて古い角質を落とすことによってターンオーバーを整えるというケアの方法になります。ターンオーバーが正常でないと肌が生まれ変わらずにメラニンが蓄積されてシミになりますので、ターンオーバーを整えるというのはシミやそばかすを消すことにとっては非常に重要です。

 

このピーリングというのは医療機関でも用いられる治療法ですが、自宅での方法とどういう違いがあるのかを把握しておきましょう。美容製品などにもピーリング成分が含有されたものがありますので、それを使用すれば医療機関に行く必要もなくなります。もちろん刺激は多少弱くなりますが、それでも肌に刺激が全くないということではありませんので毎日ということは避けてください。
また肌の状態を見た上で使用される医療機関の薬剤とは違い、肌の状態に合わないものを購入してしまう恐れもありますので、もし肌にトラブルが発生すれば利用を中止しましょう。

 

一番いいのは医療機関でのピーリングを受けるということですが、どちらにしても古い角質を剥がすというものであり、バリア機能が弱くなりますので、日常的に紫外線に対するケアや保湿を心がけましょう。そうすることで、シミをなくして今後シミができないようにすることができます。

 

シミ予防のために摂りたい食品

 

顔など気になる部分にできてしまったシミ。鏡をみるたびにため息をついて、もう消すことは無理だとあきらめてしまっている人も多いことでしょう。でもまだあきらめなくても大丈夫ですよ。私たちの肌というのは、毎日生まれ変わっているものなのです。だから、シミができてしまったからといって一生このままの状態であるわけではありません。できるだけ早く対処すればするほど、シミは消し去ることも可能なのです。何も高いお金をつぎ込む必要はありません。

 

肌の生まれ変わりを促進させ、シミを消し去る効果のある食べ物というものがあるのです。私たちの肌の健康を保ってくれているのは、なんといってもビタミンCでしょう。シミができてもビタミンCをたくさん摂るようにしたら消えてしまった、そんな人が実際にいるのです。シミを消すために積極的にビタミンCが含まれている食べ物を摂っていく必要があります。

 

紫外線が及ぼす影響が原因となりできてしまう老人性色素斑というシミは、細胞の中に存在する核を守ろうとしてできるものなのです。紫外線が肌まで届くと、表皮の一番下部分にある基底層のメラノサイトと呼ばれる物質がメラニン色素を作り出してしまいます。これが俗にいう褐色のシミです。このシミをバリアとして、紫外線が真皮まで届くのを防いでいるのです。

 

私たちの肌は毎日生まれ変わっています。現在表面にある肌も、やがては垢となって剥がれ落ちていき、下からくる新しい細胞へと入れ替わっていくのです。ただ、このサイクルは年齢を重ねるとともに遅くなっていきます。再び活発にすることにより、健康な肌をまた再生することができるのです。